エンゲージリングに適したダイヤモンドの4Cとは

Posted by kaitoriad on 2012年11月19日 in エンゲージリングに適したダイヤモンドの4Cとは |

4Cの中で優先するべき順序として考えられているのは、まずはカット、そしてカラット、カラー、クラリティーという順番になっています。
予算に応じてということになりますが、カットにはまず妥協をすることなくエクセレントを選び、カラー、クラリティーに関しては少し劣っていても、カラットが大きめになっているものを選ぶようにしましょう。
Read more…

銀はどんな金属?

Posted by kaitoriad on 2013年4月2日 in 銀はどんな金属? |

プラチナを混合させたプラチナシルバー、金やパラジウムなどを混合させたシルバーなど、色合いを変えたイエローシルバー、ピンクシルバー、グリーンシルバーなども存在しています。
Read more…

金婚式・銀婚式

Posted by kaitoriad on 2013年1月18日 in 金婚式・銀婚式 |

結婚25周年の記念として銀婚式、50周年の記念として金婚式、という言葉は日本でもすっかり定着をしているものではないでしょうか。しかし、これはもともとは欧米において、結婚をした年数にちなんで品物を送っていたということから定着をした文化だったのです。
Read more…

金や銀の重さ

Posted by kaitoriad on 2013年1月10日 in 金や銀の重さ |

金を手に持ってみたとき、見た目に反して重さがあるということに驚いた経験を持つ人もいるのではないでしょうか。例えば、1kgのインゴットの場合、大きさとしては115mm×52mm、厚さ8mmほどで、手のひらサイズくらいのものになります。
Read more…

投資用金貨の購入と売却

Posted by kaitoriad on 2013年1月4日 in 投資用金貨の購入と売却 |

投資用金貨、といわれるものは、大手の地金商や金属精錬会社の販売店において、そのときどきの金の相場に従って市場価格での売買を行なうことができます。その価格については、店頭小売価格、店頭買取価格という二本立てになっていることが普通です。同じ量の金地金よりも割高になっており、これは金貨の鋳造や流通についてのコストが、プレミアムとして上乗せされるためであるといえます。ですが、売買については金地金のような手数料がかからなくなっているために、プレミアムによって相殺をすることができるような形になっています。
Read more…

ウィーン金貨ハーモニー

Posted by kaitoriad on 2013年1月4日 in ウィーン金貨ハーモニー |

ウィーン金貨ハーモニー、といわれるものは、800年以上の伝統のあるオーストリア造幣局によって発行される金貨です。地金型金貨で、ヨーロッパで現在発行されている金貨のうち、唯一の純金のものとなっています。
Read more…

投資用金貨とは

Posted by kaitoriad on 2012年12月24日 in 投資用金貨とは |

投資用金貨というものは、地金型金貨という別名もあります。世界のいくつかの政府によって発行されている、法定通貨になります。発行元の政府によって、この重量と品位が保証されている金貨が、こう呼ばれています。
主なものとしては、オーストリアのウィーン金貨ハーモニー、カナダのメイプルリーフ金貨、オールストラリアのカンガルー金貨といったものがあり、これはいずれも24Kの純度、つまり99.99%の純度を有しているものです。また金貨の中には純度91.67%、つまり22Kのものもあり、これは例えば米国のイーグル金貨、英国のブリタニア金貨といったものがあります。
Read more…

純金積み立てとは

Posted by kaitoriad on 2012年12月17日 in 純金積み立てとは |

毎月、指定金額ごとの代金の引き落としが行なわれ、その一定の金額によって購入をすることができるだけの金を自動的に買い付けし、貯めていくというものが、純金積み立てといわれるものです。
これは、金という金属そのものが世界的に価値を認められているものであるために、倒産、上場廃止、大幅な価格の変動といったものがないために、リターンは少ないもののリスクも少ないものとして考えられています。
Read more…

金鉱山

Posted by kaitoriad on 2012年12月11日 in 金鉱山 |

経済的に金鉱山といえるものについては、平均として1000kgあたりで0.5gの金の産出をすることができるものになります。鉱山としては、露天掘りによって1 – 5 g/1000 kg (1 – 5 ppm)、通常の鉱山で3 g/1000 kg (3 ppm) 程度となっています。
人間が目視をして金とわかるには、鉱脈型の鉱床であり、少なくとも30 g/1000 kg (30 ppm) 程度の濃度が必要になり、それ以下の金鉱山である場合には、鉱石のなかに金があるということは、目視によって判断をすることはできなくなります。

金の毒性

Posted by kaitoriad on 2012年12月4日 in 金の毒性 |

単体の金の場合、反応性については比較的低い金属になっているのですが、必須ミネラルであるカルシウム、カリウム、鉄などとは異なっていて、健康な人体に対しては必須な元素ではないというようにいわれています。金イオンの場合、安定した単体の金とは異なっていて、酸化力が強いもので、無機金塩類は毒物及び劇物取締法によって、劇物として指定が行なわれています。
Read more…

Copyright © 2012-2014 金買取、ダイヤ買取、ブランド買取など買取のことなら「質屋ナビ」 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.2.4.1, from BuyNowShop.com.